皆殺しの歌~200万で戸籍を売った男

内容紹介

大学で考古学を専攻する直人は、
ひょんなことからテレビに露出する島崎敬子と顔見知りになる。
弱みを握った筒井と直人は敬子に近づき、秘密をばらされたくなければ
『1度だけ、オレ達と関係を結べ』、強引に迫った。
SMクラブに連れていかれ、後ろ手に縛られ浣腸された敬子は、
撮影された写真を元に、ゆすられ、SEXの奴隷になる。
フィアンセを裏切っている自分に自己嫌悪する敬子は、ソープランドへの
就職を斡旋され、脅しに屈しきれなくなり、伊豆の恋人岬に身を投げてしまう。
彼女は筒井の子供を身ごもっていた。
敬子から何もかも遺書で知らされた友人、高橋真理子は、心に復讐の炎を燃やす。
考古学者であり、敬子のフィアンセの父親、鷲尾修三に協力を求めた。
鷲尾は日本大学の教授で、研究の成果が認められアリゾナに渡った、
この世界では有名な男だった。
鷲尾が勤めるアメリカの軍事基地に、何も知らず呼び寄せられた河合直人は、
高橋真理子と偽装結婚し、平凡だけど幸せな時を静かに送る。
が、毎日飲まされた正体不明なカプセルで体調を崩し、日本への帰国を余儀なくされる。
数年後、顔、体中に無数のイボを発疹させ、余命が半年であることを知る。
そしてこれが、敬子と真理子の復讐であることをある日、悟るのである。
宇宙人あり。考古学の話あり。SFチックで、ちょっぴりエログロな物語です。


Authors
Tags ,

Top