マンガでわかる「この人痴漢です!」と言われたら 実録!弁護活動365

著者

内容紹介

ある日突然、自分が痴漢事件の加害者になるかもしれません。
都会に住んでいる人であれば、毎日、窮屈な思いをしながら満員電車に乗っている人も多いことでしょう。また、ストレス社会で闘うサラリーマンであれば、お酒に酔って理性を失ってしまうことがあるかもしれません。
つい出来心で痴漢をしてしまったり、痴漢に間違われたり、いつ「この人、痴漢です!」と言われるかわかりません。
「電車が揺れて誤って触れてしまった」
「後ろに立っていただけなのに…」
「こんなに深酒してしまったから…」
「まさか自分が痴漢なんて…」
痴漢で逮捕されたらどうなるのか、弁護士へ相談するしないではどう変わるのか。解決事例などもあらかじめ知っておくことで、逮捕されても1日も早く社会復帰ができる可能性が高くなります。
「読むだけ」で自分たちの置かれている状況や今後どうすればいいのか解決方法がわかる
痴漢で逮捕されても人生を終わらせないための必読本です!

注)痴漢の冤罪事件や冤罪対策を解説した本ではありません。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できない場合があります。
※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

Authors

Top